リトルノアとクラクラ(COC)を徹底比較/初心者向けガチ攻略 | ゲームニュースまとめ – 最新ゲームニュースと攻略|PC向けオンラインゲームやスマホ向けアプリ等の攻略情報。ガチ勢による本気の攻略情報です。最新ゲームの公式ニュースを速報まとめ形式で紹介。

リトルノアとクラクラ(COC)を徹底比較/初心者向けガチ攻略

HOME→カテゴリ:リトルノア攻略

投稿:2015年1月19日04:45/更新:2018年5月7日6:33 PM

免責事項

各攻略記事は、執筆時期が古い場合があり、最新の環境で対応していない場合がございますので、予めご了承願います。 投稿日が古い記事は、過去のガチ攻略記事です。

■まず初めに

クラッシュ・オブ・クラン(以下クラクラ)からリトルノアへも興味を持ち、移行または、同時にプレイしている人もいるでしょう。
そこで、みんなが気になる、クラクラと比較してどちらが優れているのかを徹底的に比較してみました。

■クラクラとの違い

1.スタミナ制

▽デメリット
まずマルチプレイやクエスト進行等、全てが基本的にスタミナ制となっております。
特にマルチで資源を稼ごうとするとなんと-5も取られる為、マルチで資源を稼ぐのが非常に困難となっております。
このスタミナは、クラクラでいうところのタウンホール(コアシンボル)をアップグレードする事で増やす事が出来ます。
これが故、クラクラでは、通常ご法度の早上げ行為がかなり行われやすい環境と言えます。
▽メリット
マルチは-5と数値が大きいのですが、クエスト進行に関しては他のソシャゲと比べ、比較的に減少が少なく、よほどやり込まない限りはある程度、プレイ可能となっております。

2.成長システムがある

同じユニットを拾って合成すると強化が行えるのですが、この合成をする事により同じユニットで持っていける数値が増えます。
▽デメリット
クエストやレイド戦でユニットを拾う事は出来ますが、いかんせん時間がかかり過ぎる為、かなりの廃人ゲーと言えます。
この為、クラクラとは違い、平等かつPS(プレイヤースキル)が必要な対戦というよりは、協力して対戦というゲームと言えます。
▽メリット
ユニットを育てる魅力がある。ドロップにより歓喜出来る。

3.エメラルドが手に入りやすい

クラクラでいうところのエメラルドは、リトルノアでは、ルビーと言いますが、このルビーがかなり早く溜まり、事前登録特典+イベントコードにより+ゲーム内での獲得により大工がすぐに4人雇えます。
事前登録特典が受け取れなかった人でも、初日で4人目も可能となっており、全てを受け取っている人だと、なんと初日でいきなり大工が五人も夢ではありません(初日で相当やり込んだ結果大工4人+1700ルビー達成)。もう少しやり込めば2000ルビーなので、大工五人も可能でしょう。

4.フレンド機能がある

クラクラに切望されていたまともなフレンド機能(google+以外)があります。このあたりは、海外製と日本製の違いでしょうか。

5.ギルド(クラン)にいきなり入れる

クラクラでは、ある程度育てないと、クランに入る事自体出来ませんが、リトルノアでは、始めた瞬間からいきなりギルドに入会可能となっており、すぐに繋がりを持てます。

6.レンタル機能がある

自分のユニットを1体だけ貸し出せるようになります。レンタルされるとマナとゴールドを稼ぐ事が出来ます。

7.いきなりヒーローがいる

クラクラでいうところのバーバリアンキングやアーチャクイーンのようなヒーロー(ノア)がいきなり使えます。このヒーローに関しては意見がかなり分かれるかと思います。この手のキャラが嫌いな人もいるでしょうからね。
▽デメリット
ヒーローが強すぎて序盤は、ヒーローのみで無双可能です。これによりゲームバランスが非常に悪いです。
▽メリット
女性キャラを使える。初心者でも簡単にクエスト等がクリア出来る。しかも、いきなりスキルも使え、ヒーローのLVの最大値が高く、LVが一定上がる毎に、スキルを覚えます。

8.シールドが長い

クラクラは始めたばかりだと3日間、シールドが張られ村が守られていますが、リトルノアでは5日間もシールドがある為、暫く操作や、ゲームを理解する時間が多く取れます。

9.進化システムがある

進化させる為にアイテムが必要(基本ドロップで拾える)ですが、進化させると強力なユニットへと進化します。ヒーローも守備的なヒーラーや攻撃的なヒーローへも進化させる事が出来ます。

10.レイド戦やco-opモードがある

クラクラとの一番の違いといってもいいでしょう。これらのモードに惹かれて始めた人も多いでしょう。
▽デメリット
レイド戦の宣伝文句に30人対戦と書かれていますが、これはあくまで個人戦であり同時にプレイヤーがマップに表示されるわけではありません。ただ、ボスをみんなで攻撃するだけの作業モードとなります。このレイド戦でユニットやアイテムが多くドロップする為、ほとんどの人がこのモードを作業的にこなす必要が出てきます。
スタミナ制と言いましたが、実は他の人が立てた部屋にはスタミナ無しで入る事が出来ます。その為、誰かが立てた部屋でスタミナ無しで周回は可能です。
野良の人は勿論、ギルドメンバーの部屋でも入場、招待可能。
co-opモードでは、部屋を立てるというよりは、招待や部屋番号を教えないと一緒に出来ません。その為、ギルドに入らない人や一人で育成を楽しむような人は、一緒にプレイしずらいのが難点です。補助アプリやwiki等の募集をみて、部屋に入る事は可能なので、そちらを利用してみましょう。
▽メリット
レイド戦で上位になると、レアなアイテムが貰える可能性がある
co-opモードでは、クラクラでいうところのゴブリンの村(シングルモード)を4人まで同時に攻略する事が可能で、これが目玉と言えます。こちらは、4人同時にマップに出現する為、作戦等も必要になってきます(ただ、序盤は、ヒーローがいる為、ただのゴリ押しゲー)。

11.マナが異常に足りない

クラクラでいうところの、エリクサーを稼ぐのが非常に大変です。その為、序盤からマナ生産施設をMAXにしたりする必要があります。
クラクラでは、大工は序盤から五人は欲しいところですが、リトルノアでは、資源不足で大工が余る可能性が高い為、4人で止めてあまりは使う人が多いようです。これについては賛否両論あるので、好きな方を選択しましょう。

12.グラフィックがいい

クラクラのようなシンプルなグラフィックと違い、かなり凝っているので、グラフィックに関しては高評価のようです。女性にはカワイイと人気の模様。しかしながら、グラフィックだけとも言われているそうです。

13.課金しても時間が取れないとユニットが揃わない

レイド戦を沢山こなす必要がある為、ある程度、時間が取れる人でないと一気に育つのは厳しいです。しかしながら、まったりとやる分には、問題無いでしょう。

14.ギルドに入ったりフレンドを増やした方が有利
強いユニットをレンタル出来たり、ギルドメンバーとレイド戦やco-opを回せる為、入会してる人とそうでない人とでは、成長スピードがかなり変わってきます。ここがクラクラと違う点でしょう。

15.ユニットの生産時間が無い

クラクラでは、ユニットの生産にかなり時間がかかり、強力なユニットになると余計にかかりますが、リトルノアでは、この生産時間がカットされており、スタミナさえあれば何度でもプレイ可能となっております。

16.レイド戦、co-opモードに参加するには、クエストをある程度進行させる必要がある

co-opは2-8、レイド戦は3-8まで進行しないと一緒に出来ないので、まずはクエストを進行させるとリトルノアの全貌が見えるかと思います。

17.呪文が無い

クラクラでは呪文によって戦闘を行えますが、リトルノアでは呪文はありません。しかし代わりにヒーローのスキルがあり、全体ダメージや回復、攻撃力増加等があります。

18.マルチが難しい

クラクラの場合、序盤は、バーバリアンを適当に一点出ししておけば大体勝てますが、リトルノアの場合、相手の防衛にも当然ヒーローがおりヒーロー自体がかなり強い為、ヒーロー無しで同格以上に挑むのは非常に困難となっております。それほど、ヒーローが強いです。更に基本的に攻めの難易度が難しく、ヒーロー無しで資源を稼ごうとすると、かなりやりがいがでてきます。相当堅めのユニットでいかないとヒーローと戦っている間に全滅します。

19.援軍がバラバラに出せる

クラクラでは、貰った援軍は、ワンクリックで一気に放出されますが、リトルノアでは、レンタル用ユニットは、好きなタイミングで個別に数体ずつ出す事が可能となっている為、多彩な攻めが可能となっております。

20.村の編集の違い

クラクラの場合は、村のパターンはマルチ用村、クラン戦用村で合わせて六つ編集できますが、リトルノアでは一つしか保存出来ません。しかしリトルノアでは、村全体を動かせる機能があり非常に便利な他、壁を選択式でまとめて上げる事が出来ます。

21.援軍の数について

クラクラでは、クランの城のLVによって援軍数は決まりますが、リトルノアでは、LV関係無くギルドメンバー、フレンドの両方から援軍が貰え、ギルド施設、フレンド施設の両方から援軍が出てきます。


■総評

基本的には、クラクラと大差無く、クラクラで得た知識が全て役に立つ事でしょう。丸パクりのように見えて、独自の要素があります。純粋な対戦として楽しみたい人は、クラクラ。
やり込み要素や協力プレイがしたい人は、リトルノアという感じになります。
どちらも、無課金でまったりマイペースに育成を楽しむ分には全く問題ありません。しかし、課金すれば壁以外がほぼ一気に成長出来るクラクラと違い、リトルノアの場合は、ユニット獲得の問題がある為、課金だけでは完全成長しきれないのが特徴です。コツコツ、レイド戦を行っている無課金勢の方が序盤は有利かもしれません。ただ、後半はマナ不足でユニットの成長が全く出来なくなるみたいなので無課金勢はかなり厳しいと言われています。このマナ不足問題がもう少し解決すれば、無課金勢ももう少し楽になるかもしれません。難易度が高く、スタミナを多く消費するマルチのみでしか現状稼げないのが難点です。クラクラは、対戦といっても、結局個人対戦の集合体のような形で、クランによっては、団結という雰囲気になっていない事も多いでしょう。クラン戦以外の日は、単調な育成というのも飽きる要因になりがちですが、平等な対戦、無課金でもしっかりと戦えるゲームであるという点に関しては、高評価と言えます。
逆にリトルノアは、単調な作業ゲーの部分もありますが、クエストが多く、更に成長や進化といったMMO風のシステムに加え、一緒にco-opモードをしたりする事が出来るので、より協力戦と言えるでしょう。
しかしながら、ユニットの成長には、膨大な時間がかかる為、クラクラのようにとりあえず資源集めて研究すればokのような形では済みません。
どちらも、善し悪しなので、一度プレイする事をおすすめします。
現状、ゲームバランスが少々悪いですが、その点が改良され、リトルノアに対戦要素が出来てくると、もしかすると、日本では人気が出る可能性もあります。海外製のゲームは、基本的に利便性が悪くゲームバランスが良い、逆に日本製のゲームは、課金重視のゲームシステムが多く、ゲームバランスが悪いゲームが多いのが現在のソーシャルゲームとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top